筒尾・陽だまりの丘筒尾・陽だまりの丘コミュニティ

自治会

header

9/21の敬老の日にちなんで

2020.09.19

高齢化が年々進んでいき、2020年現在、桑名市の総人口に対する65歳以上の方(高齢者)の割合は約27%に達しており、5年後には全国で30%に達する見込みです。

 高齢者が増加していく中で、何が問題で、何が必要なのでしょうか。少し考えてみましょう。

 その前に、イメージとして昔の高齢者と大きく違う所を整理しておきます。まず、長生きをしていることです。2つ目は核家族化の影響で高齢者のみの世帯が増えてきているところです。

 老若を問わず、私たちは人とコミュニケーションをとることで安定した生活が出来ることを今年身に染みて感じました。「ステイホーム」に苦しんだ方も多かったと思います。

人が集まる職場や学校に行かないのですから、自ずと楽しみは減っていき、いら立ちや憂鬱さを感じたかもしれません。学校に行けなかった小中学生、そして何よりも未だに対面授業等が実施されるかわからない大学生は不安な日々を送っており、特に新入生にとっては自身がそこに在籍しているという意識も持てないようです。

若くて、これから世の中に加わっていこうという子どもたちですらそんな気持ちになるのですから、日々の暮らしの中で不安を感じ、寂しさを感じている高齢の方にとってはコミュニケーションがとれるより良い空間は周りが作ってあげる必要があると思いますが、いかがですか?

遠くの繁華街ではなく、家から通えるところに憩いの場があるといいですね。

住民同士が交流する機会を増やしていきましょう。